歯 ホワイトニング ジェル

MENU

歯を白くするには

歯が黄色くなったり黒ずんでしまうのは嫌なものです。歯が汚れていると不潔なのではないかと思われたり、実年齢より老けて見えるからです。では、黄ばんでしまった歯を白くするにはどうしたら良いでしょうか?

まずは歯が黄ばむ原因を知らなければいけません。そしてその原因を取り除くことで綺麗になります。

簡単に言うと、歯が黄ばむ原因はステインです。多くの方がステインという言葉を聞いたことがあると思います。歯を白くするにはステインを取り除くことが大切です。

ステインを取り除くには

ステインを除去すれば歯が白くなります。しかし、普通に歯磨きをしただけではステインを取り除くことはできません。テレビCMでステインを取り除く歯磨き粉というのも宣伝していますが、あまり効果はありません。実際に使って、効果を感じなかったという方も多いと思います。

ドラッグストアなので売っている歯磨き粉は大体数百円程度の安いものです。テレビCMに莫大な予算を使うので、商品自体はあまり良くない成分を使っているためです。特に注意したいのは、研磨剤です。

研磨剤が入っていると、少しずつステインは除去できますが、同時に歯のエナメル質を傷つけます。歯のエナメル質を傷つけると虫歯や黄ばみの原因となります。エナメル質の傷に汚れが溜まりやすくなるためです。歯を白くするつもりが逆に汚れの原因となってしまうのです。歯のエナメル質を傷つけずに、ステインだけを取り除かなければいけません

そのためには、研磨剤を配合せず、ステインを取り除く成分が入っているような歯磨き粉などを使います。

歯を白くするホワイトニングジェル

歯を白くすることをホワイトニングと言います。ホワイトニング用の歯磨き粉を使うのがおすすめです。特に最近はジェルタイプのもの(ホワイトニングジェル)が人気です。ホワイトニングジェルは3千円程度から発売されています。

ステインを除去する成分としては、ポリアスパラギン酸やポリリン酸などが使われています。ポリアスパラギン酸やポリリン酸は、研磨剤を使わなくてもステインを浮かせて取り除くことができます。

ホワイトニングジェルはいくつも種類があり、どれを使ったら良いか迷うかもしれません。私が使って良かったのはこちらのホワイトニングジェルです。

歯を白くするホワイトニングジェルでおすすめの理由

ステインを除去する成分が入っている

ステインを除去する成分としてポリアスパラギン酸を配合しています。また、ビタミンCやリンゴ酸を配合し、一度落としたステインが再びつくのを防ぐ働きもあります。低刺激なので、歯にしみることもなく安心して使えます。

厚生労働省が認定した医薬部外品

歯を白くする、虫歯を予防する、口臭を防ぐといった効果が厚生労働省により認可された医薬部外品です。ホワイトニングジェルには様々な種類がありますが、医薬部外品になっているものはほとんどありません。

虫歯予防の効果も

ホワイトニングジェルは歯を白くするだけのものがほとんどです。ちゅらトゥースホワイトニングは、新規成分のGTOを配合しています。GTOは研究により虫歯リスクを格段に下げることが確認されている成分です。ホワイトニングと同時に虫歯予防もできる数少ないホワイトニングジェルです。


薬用ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら

更新履歴